本家から独立していますが、同じ記事を掲載することもあります。アニメのよりタイムリーな感想などを。
    今季アニメ(08秋)途中感想【その1】 | main | 今季アニメ(08秋)途中感想【その3】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --.-- | |

・黒執事
女性向けアニメのカテゴリですね。
漫画は二巻まで読んだことありますが殆ど内容忘れています。全体的にホラーテイストでいきたいのかな?一話を見た感じでは女性中心ターゲットながらも、男性も入りやすいように作ってあるように思いました。人物の美麗さは勿論ながら、装飾品なども綺麗に描かれていて、漫画での良さをアニメでも活かしているのは拍手を贈りたいところ。一話の双六に見立てて相手を落とすというやり方は上手いと思いました。表面的なもてなしをしっかりしていただけに余計に。三話の予告編からある意味不安だったシエル(ファントブハイム家の当主で12歳。)の半裸シーンですが、四話で上手く回避してありました。ちゃんとオチを作らないと「腐ってやがる・・・」と言われてしまいますものね。五話の展開は、ちょっとびっくりでした。シエルのすぐ側にいたマダム・レッドがあっさり死んでしまったので・・・。でも何故マダム・レッドがグレルみたいな使えない執事を雇っていた理由が、はっきり分かりました。福山潤演ずるグレル@オカマがたいへん気持ち悪い。(良い意味で)
確かこの話で二巻までは確実に消費しているのですが、原作はまだ五巻くらいまでしか出ていないらしいので(原作は人物と装飾品の美しさだけで出来ていると思っています。中味?何それ?)、後半はオリジナル展開なのかな?今のままのテイストだったら、少なくとも駄作にはならないかと思います。継続視聴。
 ところで、男性が2人並んでいるだけで「腐」「腐」と言われるのは何だかちょっと癪だな、と。確かに狙っているとは思いますが、そういう視点で見ていない人もいる訳ですし・・・。お色気アニメと百合アニメはもてはやされるのに、腐女子の市民権はないのでしょうか?
(この書き方だと誤解されるかもですが私はノット腐女子)

・夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~
現在視聴しているアニメの中で切るとしたらこれかなぁ。
主人公?ヒロイン?のヒメがどうも好きになれない。二話まではまだ良かったのですが、不快感が決定的になったのは三話「ソノカクゴ」。ヒメが覚悟、覚悟と言っていますが元々自分の甘さもある訳ですし、そんな「覚悟決めたの」ぶられても・・・と思ってしまいます。四話でも同じような感想。ヒメってひとことで言うと「今時の子」なんですよね。現代の女の子っぽさが凄い全面に押し出されているので、良くも悪くもアニメのキャラとしてはそぐわない感じがするんです。「しっかりしなきゃ」と言っている割にはやっていることは案外お門違いのことばっかりに思えて仕方がありません。まとめると「イライラする」。アオは可愛くて魅力的な子だなぁと思いました。
プレスコで収録されているそうですが、プレスコならでは!の描写がまだあまり無いような気がします。【紅】の夕乃と真九郎、紫の会話シーンみたいのが見たいです。まぁ監督が松尾監督だしその内出てくるとは思いますが。
切ろうか切らないかちょっとまだ迷っています。EDが清涼感溢れてて好き。 

・CHAOS;HEAD
顔が良いオタクがそこに居ました。
---
「その目、誰の目?」
渋谷を舞台にした戦慄の連続不可解事件「ニュージェネレーションの狂気」
ありふれた現実が静かに歪むとき、大いなる妄想が世界を埋め尽くす・・・。(公式サイトより)
---
主人公の妄想力、残念ながら負けたよ・・・。全力でキモヲタ街道まっしぐらの拓巳が凄かったです。個人的にこれで顔もピザだったら面白いのに。あ、でもそれだと売れないのね。どこからが彼の妄想で、どこまでが現実なのでしょうか?それとあのディソードってのも謎です。作画がちょっと危ないのですがテンポが良いのかそこまで気になりません。拓巳はあんなに気持ち悪いのに友人が普通の人だったりするのが「あぁ、フィクションだなぁ・・・」と思いました。それと他の方のゲーム版の感想ブログみたいなのを見ていちばん多かった感想が「俺と同じくせにあんな可愛い妹がいるなんて・・・!」ってのがダントツでしたね。確かにあの妹は良い子や・・・。事件現場に梨深がいた、と拓巳は思い込んでいますが、それも彼の妄想なのでしょうか?それとも全部彼の妄想?いっそ全部虚構の世界?今のところ話が全く掴めないのですが、嫌いじゃないです。継続視聴。
よっちんの演技が時々劇団ひとりみたいに思えてしまうのはここだけの話だったりします。
 

・ケメコデラックス!
原作未読。ロボットが突然「嫁」宣言してやってくる押し掛けラブコメってとこかな?
とにかくハチャメチャ。アクションもあればラブコメもあるし・・・。まずはケメコ役の斎藤千和にお疲れさまといいたいです。頑張ってますね。でも何となくやり過ぎというかちょっと無理し過ぎな感じが個人的にちょっと気になったかな。エムエムの声はキャストが変わっているのですが、これって変える必要あったのかなぁ?千和さんが2役やっても問題ないような・・・。あ、でもしんどいのか。OPからかっ飛ばしてある感じで、スタッフのやる気を感じました。EDは個人的にはあんまし好かないかなぁ。
キャラですが、それぞれが立っているので見ていて楽しいです。妹がかわいい。
一話の作画が凄過ぎてびっくりだったのですが、二話でちょっと落ち着いた印象を受けました。その後も安定しているので安心して見れますね。乳の揺れ方に妙にこだわってる所がグッジョブ!
めちゃくちゃ面白い!とは正直私は思いませんでしたが、一応継続視聴。
スポンサーサイト
活画 | 16.00 | comments(0)trackback(0)

Comment...
Do! Comment...









この記事のトラックバックURL
http://zeeteoo.blog56.fc2.com/tb.php/8-776c11f6
TRACKBACK
 | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。