本家から独立していますが、同じ記事を掲載することもあります。アニメのよりタイムリーな感想などを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --.-- | |

想像していたよりも壮絶な話なんですね。
しょっぱなからGGPの拷問。

弟は琳を助ける為に自白を強要させられたみたいですし。それにしてもGGPは琳をどう利用するつもりなんでしょうか。今回はRIDE BACKによるシーンが殆どなかった為、話の展開に重点が置かれていましたが、どういった風に転ぶのか、非常に注目です。

スポンサーサイト
活画 | 11.00 | comments(0)trackback(0)

ケイタがうぜぇ
活画 | 15.21 | comments(0)trackback(0)

それぞれの想い人(?)を言う時の最後2人はどう考えてもおかしいですよ!皆さん突っ込んであげて!

とまぁ、18話全体の感想っつーよりは、そこのシーンが頭から離れないんですよ。4ヶ月の間にアニューとライルは恋人同士になったみたいですね。(何で服着てんのかは甚だ疑問でしたが)アニューの記憶が飛んだり、空白があったりする所にはライルも少々気にかかっている様子。作戦で出発する間際に皆がいる前でアニューにかけた言葉には、「それでも」という意味があったんじゃないかな。恐らく今後は、アニューが自分の正体を知って苦悩した時、ライルが彼女を受け止めるのか、それとも違うのかってことかね。個人的にフェルトが「おめでとうございます」って言ったことが凄い良かった。(でももう少し深くやって欲しかったかも)

マリーはショックでピーリスに戻った模様。アレルヤが大佐に言われたことを守ろうとしているのを、それはエゴだと言うロックオン。私もそう思います。助け舟、というより相手を諭させることが出来る点で、やっぱロックオンって大人なんだなぁって思いました。思う所があったのか、ピーリス化している彼女を「守る」「支える」と決めたアレルヤ。最終的にアレルヤはちゃんとマリー(ピーリス)を包み込んであげることは出来るんですかねぇ。そしてマリーはアレルヤに全てを預けることが出来るのでしょうか。それにしても何話か忘れたけどハレルヤがいっぺん出てきたのですが、そろそろまた出しても良いんじゃない?

刹那の肩の傷の障害は思ったよりも進行していない?でも、アニューの交信に何か感じたみたいだし、何かあってもおかしくはないですね。つーかラッセのこともそろそろ突っ込もうよ。そんな刹那は沙慈を導いていました。沙慈は相変わらず「でも僕は」ですが、少しずつ自分自身の意識も変わってきているみたい。

アンドレイとルイスにも色々渦巻いてきましたね。でもまぁ先週見た時言ってた通りになったのでとりあえずアンドレイぶん殴っときます(脳内で)。ルイスはアンドレイに抱き寄せられた時に抵抗も反応もしなかったのは「どうでもいい存在」ってことなのかな。どうなのかな。

マリナはもう個人的にギャグ要員。

===

敵側も何だか慌ただしくなってきたみたい。今週は書くことがめちゃくちゃあって、いっぱい書きたいのですが、収拾つかなくなってきたのでこの辺で。本当はまだ書きたいこと山ほどあるのに!
活画 | 19.35 | comments(0)trackback(6)

大河は随分と北村とスムーズに話せるようになりましたね。

それにしても。ゆりちゃん先生株がここ最近上がりっぱなしです。生徒のことを大切にしているんだなぁって、見ていてすごく思います。成績とかそういう学校生活で重要なことに釘を刺しつつ、生徒がやろうとしているイベントを見守りつつ応援している姿勢が良いなぁと思いました。彼女のパーソナルな面も可愛いですよね。可愛いというより微笑ましい?「マンション買うべき?」は爆笑。この作品である意味いちばんリアリティーある人ですよね。

さてさて、ヒロイン3人衆はまたそれぞれ。
亜美ちゃんは「私のことを1から数えて欲しい」と言っていたように、4人の中に初めから入っていれば対等な立場になれるのに、そうすれば竜児に対する感情にも向き合えるのに、と思っているのでしょうか。でもそれは無理な話な訳で。今の状況からどうしたらいいのか、考えてくれれば良いですね。私は個人的に竜児と亜美ちゃんはいちばんお似合いだと思っているので頑張って欲しい・・・!

そしてそしてみのりんは、相変わらず竜児を避けまくってます。大河が大切だからこそ、自分の気持ちに正直になってはいけない、正直になってしまうくらいなら近付かない方が良い、とでも思っているのでしょうか。そうした気持ちが最後の体育館の事故につながったんじゃないのかなぁって少し思います。もちろんわざとではないと思いますが、少なからずクリスマスパーティーに行きたくないとか、そういった気持ちはあったと思うんです。だからあんなに罪悪感を感じている訳で。それにしても、みのりんと星を直している時の竜児の対応がとってもスマートで素敵だなぁって思いました。下手に「いいよいいよ」とか言われるよりも、あぁやって返してくれるなんて。ガチで恰好良過ぎる。

新OP&EDになってから2回目の放送でしたが、随分馴染みましたね。話の展開的に今のOP&EDはすっごい良いと思います。
活画 | 20.27 | comments(0)trackback(4)

やっぱりどーにも地味なんすよね。(やーっと、wikipediaに項目作って貰えたね!良かったね!)

今回はルドラメインのおはなし。
ルドラは自分を「死神」だと言い、その彼を少なからず救ったのはマヤなんですね。そのマヤはかつての明るさを失っていました。

そのマヤの「硝煙と血の臭いのするあの戦場へ戻りたいと願っている」という台詞は、要するにあそこで戦いたいという訳ではなく、あの時死んでいた方が楽だったんだ、という叫びだったんじゃないかなぁ。だからわざと狙いも外して。

ルドラはそんなマヤを撃ちました。苦しいけど、これはマヤの願いだったんじゃないかなぁ。それでもルドラの十字架は消えないまま。うーん、辛いなぁ・・・。

最後のサイキたちのシーンはぶっちゃけいらないと思います。

OPがスーパーカーっぽいと思ったらiLLだったってはなし、もうしたっけ?

活画 | 20.04 | comments(0)trackback(0)

敵味方の隔たりなく、民間人の為に協力しあう展開は、熱いですね。
(でも私は実はそういうのが好きではなかったりする)
ただ何が言いたいかって、世間ではテロリストとされている(実際そうなんだけど)ソレスタルビーイングが率先して人命活動していても善人ぶっているようにしか見えないんですよ。別にそういうつもりではないというのは分かっていても、うーん・・・ってな感じです。

それにしても、終盤の展開が萎えました。
ルイスとアンドレイが人命活動していた時は良かったのに、アンドレイはハーキュリー&大佐を発見した瞬間敵意剥き出しで民間人守ろうとしている相手に攻撃しようとした姿を見てまず萎えました。気持ちは分からなくもないのですがねぇ・・・。でも殺すまでの過程が中身なさ過ぎるので腹立つなぁ。活動が終わった後に攻撃してくるのもなんか不完全燃焼。これで殺した後に罪悪感も何もなく「僕は正しいことをした!」と来週とかで堂々とぬかしてたらぶん殴りたいですね。大佐は人としては正しい生き方をしてたんじゃないかな。この作品の良心だった大佐が居なくなって寂しいですが、今後アンドレイが人としてひとまわりもふたまわりも成長してくれれば少しは報われるんじゃないかな。ルイスはルイスでソレスタルビーイングしか見えてないような感じがします。もう少ししっかりして下さい。

マリーが大佐の死を目の当たりにして今後どう動くのかが気になる所ですね。
あと、ひめさまの能天気な発言はそろそろキレていいですか。
ビームサーベルには本気で爆笑しました。

話的に気になったのはOPでティエリアがリボンズに操られるカットがありましたよね。今後それに伴った回が出てくるのかな?ってちょっと危惧しています。アニューのイノベーター疑惑云々も残ってますし・・・。あ、後ラッセの体調も。

残り話数も少なくなってきましたし、ちゃんと纏めてくれると良いけどなぁ・・・。割とこれまで所々突っ込み所はありつつも、それなりに娯楽作品としての水準はクリアしていると思うので、上手に終わらせて欲しい!今現在どんどんつまらなくなっているので、あたしゃー心配です。
活画 | 19.26 | comments(0)trackback(10)

 | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。